援交は合意さえあればいいのか?

援交は犯罪ではありますが、「お互いに合意しているので別にいいのでは?」と思う人も多いかもしれません。

ただ、合意さえあれば何でも許されるわけではありませんし、法律に反する行為をしていい理由にはならないのです。

例えば、相手が「一発ビンタしてもいいよ」と言ったからといって、それで渾身のビンタをして、相手を大怪我させてしまえば、合意があったとはいえ許されることではないでしょう。

援交もそれと同じことであり、たとえ合意があったとしても、一線を超えてしまえばそれは許されないことになるのです。

そうでないと、法治国家の意味がありませんし、治安も守ることができなくなってしまうのです。

もちろん、お互いの合意があれば許されることはいくらでもあります。

例えば、どちらも成人しており、なおかつお互いの合意があれば、エッチをしても何も罪に問われることはありません。

もしも、相手の合意無しに無理やりエッチをすれば、猥褻や強姦の罪に問われてしまいますから。

合意の部分を勘違いしてしまうと、後になって取り返しのつかないことだと悔やんでしまいかねないので、くれぐれも合意については間違った知識を覚えないようにしましょう。

関連記事はココから!

  • 今は楽しい気分になれるが後々援交をした事を後悔する今は楽しい気分になれるが後々援交をした事を後悔する 援交をすれば、ものの数時間で大金を手に入れることができます。 そのお金で欲しい物をたくさん買うこともできますし、お金が無くなればまた援交で稼いで、また欲しい物を買えるわけです。 ですから、人によっては援交をしている生活が、とても楽しいと思えるかもしれません。 エッチをすることに […]